« 第47回 Monthly 試聴会 ViV Lab. Rigid Float トーンアーム | メイン | ◆CHORD QuteHD 試聴しました DoPでDSD再生!◆ »

◆Accuphase A-200 試聴しました◆

a200_003.jpg
■6月も半ば、いよいよ梅雨入りです。
■湿度が上がってペーパーコーンには我慢の季節となりました。

■そんな中、アキュフェーズより40周年記念モデルのトリ
モノーラル・パワーアンプ A-200 が発表・発売になりました。

■本日、雨の中カンタービレに試聴機を持ち込んで試聴させて頂きました。

■組合せたコントロールアンプは、当然同じ40周年記念モデルのC-3800です。

■搭載された技術や構成の詳細は、アキュフェーズ社のウェブ/カタログに任せるとして
肝心なのは、その音質であります。

■軽く小一時間ほどのウォームアップ後、本格試聴に入ります。
■まず気付くのが、ケタ違いのS/N。
■そしてモノーラルならではの無限大のチャンネル・セパレーション。
■さらに、群を抜いたダンピングファクター。

■いつもチェックに使う楽曲を順々にかけて、様々な項目を確認して行く訳ですが
後半はチェックと言うより、再生される演奏をすっかり楽しんでしまいました。

■極めて高次元でバランスした完成度は40周年記念モデルに相応しい
現時点でのアキュフェーズ最高傑作と断言出来ます。

■重量 46kg/1台
■消費電力 360W/8Ω定格出力時
■この物量と効率に理解・納得が行けば、非常に価値のある逸品です!

■現時点で、8月生産分まで予約完売との事。
■もちろんカンタービレでも、ご予約承っております。

=======================================================
■ご質問・お問合せは
mail info@cantabile.jp
TEL 042-707-8041
FAX 042-707-8051
店主 伏黒までお気軽に!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://202.164.249.32/cmt/mt-tb.cgi/290

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)